マニラへ行ってきた

FLY TO THE WORLD vol.06

  • 2017/11/17
  • なのくろ
  • おでかけ

マニラへ行ってきた

なのなの。 新卒で6年間勤務した職場を退職することとなり、卒業旅行みたいなノリで職場で仲の良い友人達と一緒にマニラのカジノへ行ってきました。

気候・時差

マニラは沖縄と台湾のさらに先にある感じの場所で、時差も1時間なので時間差を感じることはないかと思います。 マニラは熱帯気候なので気温は1年間通して30度を超える感じで湿度も高いです。 乾季(11月~5月ぐらい)と雨季(6月~10月ぐらい)があり、雨季はスコールがあるとのこと。

物価

2017年現在、100フィリピンペソ(php)=220日本円(jpy)で、ペットボトル入りのコーラが30php程度だったので、マニラの物価は日本と比較すると安めです。 チップも気が向いたら払えばいい程度で、基本的には必要ではない印象でした。

食事

今回の旅行ではフィリピンらしい料理というのはあまり食べなかったのですが、総じて日本人にとっては食べやすい味付けが多い印象です。量も普通で欧米みたいに大盛りの何かがでてくることもありませんでした。

交通

タクシーに乗って少しだけ市街地を走りましたが、基本的に渋滞しています。 そして信号は一応存在しますが平然と無視して走る車が多かったです。恐ろしい。

City of Dreams Manila

今回の主目的はカジノだったので、ずっと City of Dreams にいました。 カジノは入口の警備がしっかりしていたので、中にいる限りは比較的安心して楽しむことができました。 飲み物は無料で貰えますが、注文しても忘れられるか届かないことが多いので残念でした。 ホテルにはプールがあったり、レストラン、クラブ、コンビニなどもありました。

ニノイ・アキノ国際空港

マニラの空港についてはこちらの記事をご覧ください。 治安は結構悪いです。

実は観光していない

旅行記のくせに、実は今回観光していません。 フィリピンは治安が悪いので、空港とカジノ以外どこへも行きませんでした。

まずISILがミンダナオ地域へ進行している為、フィリピン政府は国家非常事態宣言を発表していて、日本国の外務省も注意喚起しています。 恐らくマニラまでは進行していないと思われますが、そもそもフィリピンの治安が悪いため、不必要に市街地へ行くのはおすすめできません。 今年だけでもカジノで銃撃と放火があったり、大統領公邸で銃撃があったりなど悪いニュースが絶えませんし、スリや恐喝も頻発しているとのこと。

まとめ

今回は観光していない為、これといって書けることがありませんでした。。 私も空港で賄賂を要求されたので、治安はお察しください。